天然植物由来の良質で低価格な アロマオイル・エッセンシャルオイル・精油・化粧品原料を厳選 定形外郵便送料無料でお届け エッセンシャルオイルは300円から 化粧品原料は200円から




  • お買い物の前に
  • ロットと消費期限
  • 容器仕様・ご注意
  • 品質検査について
  • 買い物カゴの使い方
  • 求人情報
  • 店長のオフィス
  • カタログダウンロード(PDF)
  • メールでのご注文はこちら

安心のお約束

ナチュラスサイコスのエッセンシャルオイルは100%天然で無添加です。

1,500円から定形外郵便無料で安心価格でいつでもお試し購入いただけます。

当店のアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルにはロットナンバーと品質保持期限、品名、抽出方法、抽出部位、原産国、学名などがラベルに印字されています。

アロマオイル・精油・エッセンシャルオイル

当店のアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルや植物油、芳香蒸留水にはロットナンバーと品名、消費期限が分かるシールが貼り付けられているので大変便利です。

化粧品製造販売許可取得の会社で単なるエッセンシャルオイルを販売する雑貨店ではなく安心。アロマオイル・精油・エッセンシャルオイルや化粧品原料は化学系の知識が豊富な当店にお任せくださいませ。尚、化粧品製造許可・化粧品製造販売許可を取得に際しては化学系、もしくは薬学系の人的要件を薬事法に基づき満たしていることが許可の条件となります。

日本最大級のアロマオイル・精油・エッセンシャルオイル取扱い数。アロマオイルを170種類以上取り扱いで心置きなくアロマの世界に浸れます。

エッセンシャルオイルをオリジナルラベルのOEMの納品が可能でサロン様も安心の上、ビジネスを展開いただけます。

当店ではエッセンシャルオイル・アロマオイル・精油の3つの言葉を同義語として記述しています。どのエッセンシャルオイルやその他の植物油等も100%天然のものです。ご安心の上、お楽しみくださいませ。

当店ではアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルを販売する際に関係する薬事法、その他の法令を遵守しています。

当店ではご安心の上、アロマオイル・精油・エッセンシャルオイルをお楽しみいただけるように、販売に際し、製造物責任賠償保険(PL保険)に加入しています。

SSL

当店ではご安心の上、エッセンシャルオイルのご注文をいただくため、ご注文メールフォーム、カタログご請求画面、お問い合わせ画面にてSSL通信を行いご入力内容を暗号化送信しています。また、ショッピングカートも同様にSSL通信を行いお客様情報を送信しております。

エッセンシャルオイルや天然素材をもっと身近な「化粧品」に応用が出来ないか。その考えの下弊社では化粧品製造販売許可、化粧品製造許可を取得しました。

当店のアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルは月間約20,000本以上出荷されています。

当店のアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルは全国の幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、大学院、老人施設、医院、歯科医院、美容院、マッサージ店、リラクゼーション施設、温泉施設、化粧品メーカー、自動車ディーラーなど全国のありとあらゆる業種の皆様や個人のお客様にご愛用いただいて早10年になります。

ナチュラスサイコスはオーストラリアからの天然アロマオイル・精油・エッセンシャルオイルを取り扱いしています。オーストラリアからの天然製品の素晴らしさを一人でも多くの方に知ってもらいたいという願いがあります。

当店のアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルやその他の製品は動物実験を行わない仕入先からの製品です。

当店のアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルは品質と価格のバランスが優れていることが自慢です。安いだけのアロマオイル・精油・エッセンシャルオイルではなく香りを重視して仕入を行っているため、同じようなお店があるが、香りが違うとご好評をアロマテラピストなどの専門家の方々にも多数お声を頂戴しております。

尚、当店の有機認定アロマオイルやスキンケアはオーストラリア政府外郭団体であるAustralian Certified Organicにより原料が有機栽培されたトレーサビリティーの確保されたアロマオイル・精油・アロマオイルやスキンケアであることを保証された製品です。より信頼性の求められるシーンや製品の付加価値を与える際に弊社のACO有機認定アロマオイルやスキンケアをご利用くださいませ。

豪州仕入先の体制

当社の仕入れ先はシドニーにある精油、化粧品原料購買経験10年以上のパートナーと設立の弊社現地法人をメインに、オーストラリア・シドニー・メルボルン・西オーストラリア州等各地に点在する業者より仕入れを行っております。
特に現地法人をオーストラリアに持つ事で、常に現地の最新の動向を把握することが出来、且つ上流ソースへの細やかなアクセスを可能にし、低価格かつ良質なものを安定大量供給することを可能にしています。
弊社と同クラスのサプライヤーでは類を見ない強固なコネクションで国内でも最先端の思想、管理での供給を可能にしています。
同品種、同グレードの製品についても複数のソースを持つことにより、安定供給や仕入れ先にも価格競争をしてもらい、安価での提供を実現しています。
また大切なのは価格だけではありません。特にACO認定製品については原料栽培から我々のような最終加工者まで国が定めたレベルの厳格な基準の中で各工程を担当する会社が規格に準拠した形で取引が行われるため、信頼性確保と有機栽培品であるという保証が確保出来ます。
ナチュラル製品で最も進んだ国オーストラリアの基準を日本国内で取得することにより日本でも先進的な製品をお届けすることが出来ます。
是非弊社にしか出来ない一歩進んだ製品やサービスを手にしてください。

こちらでは店長の農場の訪問や仕入先訪問の様子、弊社仕入先の体制についてご紹介いたします。

 

レポート

店長は先日(2010年2月上旬)オーストラリアの精油の源流であるファームを訪問しました。

店長はオーストラリア出張の隙間を見つけてニューサウスウェールズ州とタスマニア州のラベンダーファームを訪れました。
両者とも非常に気候に恵まれ、人里離れた場所にありました。
原料ラベンダーの収穫などの手伝いなども行ってきました。
ニューサウスウェールズ州のファームは店長の古くからのオーストラリア人の友人の父上のお友達の方が経営されているファームで
業界の裏話をいろいろと聞いてきました。
とにかく話し好きな方々でした。

下記がラベンダー精油蒸留の様子です。是非下記の動画をご覧下さい。

それではレポートをお楽しみください…

まず世界一空気が綺麗と言われるタスマニアの大規模ラベンダーファームです。
フランスのプロバンス、富良野は約北緯40度、そしてここタスマニアは南緯40度の位置にあります。
どうりで最高のラベンダーが栽培できるのだと納得しました。
写真左はファームのオーナーさんと店長、右は大型蒸留釜です。

ファームの片隅には抽出を終えたラベンダーの山。繰り返し発酵させて、また畑に返してあげるそうです。
優しい天然肥料の出来上がりですね。右は精油が分離機から出てきている様子です。

品質管理を徹底している様子が見て取れました。
この後、ファームのオーナーの自宅に招いてもらい、地ビールを飲みながらビジネスの話を長時間に渡りしました。
これは店長の極秘プロジェクトです。お楽しみに

タスマニアのファームはこれでおしまい

シドニーのある州「ニューサウスウェールズ州」にあるラベンダーファームです。
シドニーから車で5時間ほどのいわゆる遠隔地です。ファームにたどり着くまでほとんど何もありませんでした。
ファームの肝っ玉母さんが
「このあたりはGoogleマップもいいかげんなの。綴りは間違えているし、存在しない道まで書いてある。」
と言っていました。でも理想的な栽培環境です。
こちらのファームは比較的小規模でお父さんが手摘でラベンダーを収穫します。(写真左)
右はラベンダーの苗木です。ラベンダーは苗木を足して栽培していきます。

収穫の手伝いをしました。その代わりに大量の精油だのラベンダーの化粧品だのを貰いました。(笑)
右は収穫に満足げな店長と左は12年来の友人スティーブです。
店長が若かりし頃、オーストラリアでツアーガイドをやっていた頃にドライバーとして一緒に働いていた仲間です。

小規模の蒸留釜です。この日は抽出のデモンストレーションを僕達のためにしてくれました。

それはワンちゃんたちもこんな広くて空気が澄んでいるところ幸せでしょうね。 肝っ玉母ちゃんも収穫中

今回の訪問で精油が果物や野菜といった農産物であるということを肌で感じることが出来ました。
来年2月にラベンダーの栽培農家が世界中から集まる国際会議があるそうです。店長も是非参加してみたいと思います。

2010年01月30日

 

オーストラリア仕入先を訪問

ナチュラスサイコスは創業から間もない頃、2005年10月6日に弊社の仕入先を訪問しました。
今回の訪問の狙いは弊社のお客様に弊社の精油に対してより安心感を持っていただくために仕入先がどんなところなのか、
品質管理はどのような感じで行われているのかをお伝えするための取材と、仕入先の購買部マネージャーと会い精油について共に語り合い、
弊社へより安定した品質の精油、他店では入手できない精油を供給してもらうことをお願いすることでした。

それではレポートをお楽しみください…

購買部のマネージャーとスタッフの皆さんと精油についていろいろ話をしてきました。
「問題があるときはいつでも言ってくれ」と気さくに話してくれたアシュラフさん(右から2番目)。
彼は購買部のマネージャーで、当店の精油の品質は彼にかかっていると言っても過言ではないのです。彼と話すと彼の頭の中には
「世界のどこに良質な精油があるか」という情報が詰まっているといった感じでした。 いわば「精油買い付けのプロ」です。
当日案内してくれた左からジェニーさん、ドミニクさん、ドンさん、アシュラフさんです。
ジェニーさんは元大手化粧品メーカー勤務のスペシャリストで主にアジア地域を担当しているセールスの方です。
その他、購買部のスタッフの方々です。そして恥ずかしながら初公開の店長の私(右端)です。


Special thanks for all staffs from Naturas Psychos

次に品質管理についてです。専門家が精油を分析し、数値化している様子を見ることが出来ました。
精油を分析するための高価な機器が所狭しと並んでいました。右上はガスクロマトグラフィーテスト用の機器。
この機器で全ての不純物を検出し、不純物のある精油をシャットアウトしています。
右上から2番目の写真では専門家が精油の貯蔵タンクを1つずつ丁寧に見回っていました。

お次は貯蔵施設です。
精油の注意書きを見るとよく「直射日光の当たらない、風邪通しの良い所で保管してください。」などと記載されていますが、
仕入先の倉庫に入った瞬間に「非常に精油に良い状態で保管されている」ということを実感できました。
オーストラリアは今初夏で暖かくなり始めていますが、半袖にネクタイ姿で出向いた私はバカでした…

正直言って寒かったです…

今回の仕入先訪問で担当者に直接会うことによって、当店から仕入先に対してものがより言いやすくなりそうです。
万一精油に問題がある際は直接購買部マネージャーを通して話ができ、当店にとって大きなアドバンテージになります。
そして何よりも精油の品質管理、貯蔵施設を見ることで「安心」に対する再確認ができました。
ナチュラスサイコスはこれからも当店の精油を心待ちにしておられるお客様のために世界中どこへでも出かけます。

また次回の海外レポートをお楽しみに♪

2005年10月10日

 

オーストラリアサプライヤー社長が弊社を訪問

ハーバルインデックス有限会社は仕入先との合弁会社をこの6月に設立しました。
仕入先とは2004年8月からの付き合いで、お互いの想いが4年越しで一つになった形になります。
これは仕入先との半永久的で安定的なつながりを確保することでよりスムーズなコミュニケーションや連携をし、より細やかな対応を
お客様にご提供できればという狙いがありました。
現在は本社薬剤師チームや購買チーム、品質保証チームにダイレクトにアクセスし、お客様の必要な情報をいち早くお届けすることが
可能になりました。
やはり人と人のつながりが何より大切であると実感しています。

アブラハム社長は弊社を隈なく見渡し、「想像以上に効率的に運営できているね。」と言ってくれました。
その後社長VS社長で活発な意見の交換を行い、社長を空港まで送る車内で「よし。一緒にやろう。」ということになりました。
社長はインド系のオーストラリア人で相当のツワモノです。
精油やアーユルベーダ発祥の地インド出身であることを武器に精油インターネット卸の第一人者です。

彼からはしゃべり口調やメールの文面は非常にソフトですが、とてつもないパワーを感じ、これから一緒に仕事をしていけることを
誇りに思っています。
そしてなによりうれしいのが、アブラハム社長と私はとても考え方が似ていて、将来会社をこうしていきたいというビジョンが
すごく近いことです。そんな仕事熱心な社長同士ですが、おバカな話もよくします。

2008年10月28日

 

創業当時の品質に関する弊社からの問い合わせに対しての仕入先の回答

補足

当店のオイルは生産の過程で一切の化学肥料や農薬を使用していない100%ピュアのものです。
しかし、ホームページ上では販売に際して、オーガニックという言葉はACO有機認定を受けた製品だけに限定しています。
キチンと第三者が認定をすることで信頼性が初めて確保されるからです。
国内では厳格な基準がない中、当店はオーガニック製品でもない商品をオーガニックと偽り販売する様な存在にはなりたくはありません。
なぜなら本物のオーガニックを求めるお客様を裏切ることになるからです。

※この文書は当店が仕入先を選定するにあたり、仕入先に対して品質管理方法についての問い合わせをした際に得た回答を日本語訳
したものです。

仕入れ先について

当社の仕入れ先はオーストラリア・シドニー・メルボルン・西オーストラリア州等各地に点在する業者より仕入れを行っております。
同品種、同グレードの製品についても複数のソースを持つことにより、安定供給や仕入れ先にも価格競争をしてもらい、安価での提供を実現しています。
また大切なのは価格だけではありません。特にACO認定製品については原料栽培から我々のような最終加工者まで国が定めたレベルの厳格な基準の中で各工程を担当する会社が規格に準拠した形で取引が行われるため、信頼性確保と有機栽培品であるという保証が確保出来ます。
ナチュラル製品で最も進んだ国オーストラリアの基準を日本国内で取得することにより日本でも先進的な製品をお届けすることが出来ます。
是非弊社にしか出来ない一歩進んだ製品やサービスを手にしてください。

また、精油については下記の9種類のテストをオーストラリア国内の各専門家が重ねることによって、精油の物理的で科学的な数値を徹底的に調べることをしています。
社内の化学者とアロマ専門家の間のこういった形での結合は、これらの厳しいテストに合格しない精油を全て廃棄することを
確実なものにしています。

1.GLC(ガス・クロマトグラフィーテスト)

精油をテストするのに最も高度な方法の1つです。
ガス・クロマトグラフィーテストは化学薬品や農薬、その他人工合成物などの不純物を確実に見つけることができます。
製品出荷前には、精油全てにバッチナンバー与えられ、この分析評価に合格していなければなりません。
このようにして最終段階では、コンピュータや積分器、炎電離検知器・炎イオン化装置検知器など様々な精密な装置を駆使して細かな成分の分析がなされ、最後に残ったものだけが製品化されるのです。

2.目視と香りテスト

人間の五感によるテストは最も基本的で初期段階で行われるテストです。
精油の半透明性、色、粘着性、溶解度、および香りは、品質を維持するために最も大切でテストの基本です。

3.比重テスト

成分表の中の指針でもある比重は水の密度で物質の密度を割った数値です。
水には1グラム立方センチメートルの密度があり、分母と分子の単位が同じなので、単位は消え、比重は物質の密度と同じ数値になります。
このテストは精油の成分により比重が異なるため、純粋性の基準となります。

4.屈折率テスト

精油を真空状態に置き、光を透過させた際の速度と透明な標本に光を透過させた際の速度との比率。
屈折率は光が通っている液体(精油)の物理構造によって関わってきます。
光を通すことによって、物質内の異物を特定することができます。
屈折率が高ければ高いほど分散の量がより大きく、物質の品質が高いということになります。

5.酸価テスト

このテストは脂肪に含まれる遊離酸の量を中和するために必要な水酸化カリウムをミリグラム換算で計ったものです。
このテストで物質の変質が測定できます。新鮮なものそうでないものを計る基準となります。

6.ヒドロキシル価テスト

有機物質の中に分類される水酸基(一価OH)の測定です。

7.ヨウ素価テスト

オイルの非飽和度の基準です。低ヨウ素価は高度の飽和を表します。

8.鹸化価テスト

鹸化価は明確な量のサンプルを鹸化させるのに必要なアルカリの量です。
ミリグラムの水酸化カリウム(KOH)の数が、サンプルの1グラムを鹸化させるのに必要な数値で示されます。

9.ヘビーメタルテスト

鉛、水銀、および砒素などの重金属が含まれていないことをテストします。

動物実験について

弊社は動物実験に反対しております。

天然植物由来の良質で低価格な アロマオイル・エッセンシャルオイル・精油・化粧品原料を厳選 定形外郵便送料無料でお届け エッセンシャルオイルは300円から 化粧品原料は200円から

ハーバルインデックス有限会社